単身で引っ越すときはどうするべきか

単身の引っ越しのときに使える単身パック

大がかりな引っ越しの際は、引っ越し業者を利用していくのが良いですが、単身での小規模の引っ越しの場合は、単身パックを利用する手もあります。

単身パックはコンテナひとついくらと料金が決まっており、そこに収まる荷物ならどれだけ入れても構いません。移動距離で値段は変わってきます。
コンテナの大きさが決まっていますが、このコンテナには大きな家財道具は入らないことが多いので、単身者や、単身赴任で自分だけ引っ越しをするといった家財が少ない人にはお得になっています。

時期にもよりますが、単身パックを利用すると16000円ほどの格安料金で利用できます。引っ越し業者の単身引っ越しより、安く利用できることが多いので賢く利用したいですね。

単身パックと宅配便、どちらが安くなるか

単身での引っ越しにも色々ありますが、荷物量によって単身パックより宅配便の方が安くなる場合もあります。
特に大型家具が一切ない場合は一考する余地があります。

通常、引っ越しに使う段ボール箱のサイズは120センチ以上が多いです。
大きさだけでなく、重量によって料金が変わるので注意が必要です。重すぎると料金があがります。

ヤマトの宅急便の場合、120サイズ15キロまでの近距離輸送では1577円からとなっています。
ゆうパックの場合では、120サイズ25キロまでの近距離輸送では1500円からとなっています。

大型の家財道具がなく、120センチの段ボールにして10個以内ほどの少量ですと単身パックより宅配便の方が少し安くなります。
各種割引も考慮したうえで、労力がさけるのであれば宅配利用をしても良いですね。


この記事をシェアする